ようやく風邪から復活

先週火曜日に風邪で診察を受け、数日かかってようやく治ったのですが、今週月曜日にまたしても風邪になり、今週火曜日にまたも診察。風邪薬を別のに代えて頂き、喉トローチも出して頂きました。

栄養を摂って、薬を飲んで、喉トローチを舐めて、安静に寝てました。

結局、本日も午後まで寝て、ようやく熱も下がり、悪寒もなくなりました。

久し振りに筋筋膜性腰痛、首痛、右膝痛のリハビリ運動を1週間ぶりに行いました。

ずっと安静にして寝ていたので、身体を動かすと負荷が掛かり、ヨガにストレッチも混ぜてますが、明日になってどうなるか。

少しずつ、震災前、震災後の石巻の写真をHPにアップしています。

今はブロードバンドの時代で、ADSLに光に、Wi-Fiにと様々ですが、ダイアルアップの頃と比べると隔世の感があります。

1ページに巻物の様に、写真をズラズラっと並べても、重くないしキャッシュも残るのでようやく、昔からやりたかったことが試せてます。

◉『Hush-a-by』project 坂倉恒HP:http://sakakurahisashi.com

2004年から2018年の石巻と改めて対面し、問いかけ、観照させて頂いてますと、震災後も日々、変化し続けている。

『都市とは、人間の外部記憶装置である。』
(押井守監督)

人間の生の営みは、生命の営みを模倣している。

ビーバーが作るダムの様に。

人間も、精神と肉体、それを越えた宇宙の意志の様な「何か」に従って、干渉し合い、交わり、反発し、融合し、うねりの中で、ゆらぎの中で、パラレルに存在する他の宇宙との影響を交響しながら、「何か」に導かれつつ、どこかへと向かっているのかも知れません。

使命の様な何かを受け取り、その使命と規範に従い、歴史の一部となって、次世代へ可能性を紡いでいく。

精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA