竹内薫著『ペンローズのねじれた四次元(増補新版)』(講談社刊)鋭意精読中【追記】

竹内薫先生の名著『ペンローズのねじれた四次元(増補新版)』を鋭意精読中です。

竹内薫先生の著作は、10年ほど前から色々拝読させて頂いて来ましたが、デビュー作である『ペンローズのねじれた四次元(増補新版)』は、不勉強でその存在すら知りませんでした。

どの本もとても分かりやすく、例え話や喩、対話形式、脱線と伏線など科学やこの世界の、宇宙の本質を理解するのにとても勉強になりました。

やんごとなき事情によって、購入させて頂いていた竹内薫先生の著書たちも手放してしまいましたが、先日、竹内薫先生のツイートを拝見して、『ペンローズのねじれた四次元(増補新版)』の存在を知り、購入に踏み切りました。

◉講談社「相対論と量子論の暗黙の了解を覆した「ペンローズ」とは何者か〜名著のプロローグ「鍵」を特別公開!」HP:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58525?media=bb

早速、アンダーラインを引きまくり、メモや考えを書いたりしつつ精読してます。

のっけからとても面白く、分かりやすいです。

頭の中を整理しながら、新たな知見や未知の話を繋げていける感覚が心地いいです。

疑問が一つ解消すると、倍以上の新たな問いや疑問が沸き起こり、ワクワクしながら精読させて頂いてます。

きっと、『ペンローズのねじれた四次元(増補新版)』に呼ばれて、ようやく読むべき時期が来たのだと解釈してます。

今まではまだ準備が出来てなかったのだと。

幾つになっても新しい、未知の領域に、好奇心を持って探求していけるよう精進します。

素敵な本を増補新版で出して下さりありがとうございます。

何度も精読し、アンダーラインを引き続けたいと思います。

 

※Twitterのツイートをサイトに埋め込もうとしましたが、ワードプレスの今の状況ではサーバーエラーとなってしまいました。

スクリーンショットでリンクします。

◉Twitter@竹内薫先生
URL:https://twitter.com/7takeuchi7/status/1067253349081202688

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA