欅坂を待ちながら

欅共和国DVDを待ちながら、お昼食べつつ欅坂46のMVを毎日拝聴してます。

iTunesで購入してiPad Proで観てます。

とても良く出来たMVで、曲の世界観がとても現れていて、メッセージがより切実に、リアルに伝わって来ます。

歌とダンス、何よりも平手友梨奈さんの神憑り的な、巫覡の能力がMVの世界観の次元をより高次元へ高めています。

平手友梨奈さんが誰もいない桃源郷のような場所で一人佇む姿が、平手友梨奈さんの背負ってる「何か」の大きさと重さが現れているように感得しました。

より高みを目指すほど、孤独に耐えなければならず、背負っているものの重さとしがらみに挟まれながら、何とか緊張の糸を切らずに切り抜けて下さる様、祈ってます。

「自分の義務と権利を秤にかけて権利に先に重りをのせなくば、社会の規則に従いしも自身を失うことなし」
(押井守監督「攻殻機動隊」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA