平成の終わりとターニングポイント

間も無く平成が終わろうとしてますが、数年前から徐々に加速して、昭和平成でピークを迎えた様々な事象や事物にケジメをつけ、新しい時代の幕開け前に転換点を作り出している風を感じます。

平成に活躍された人々の引退やご逝去、事件・事故への幕引きなどが加速している印象。

時代の要請なのでしょうか。

それとも新たな時代を渇望する何かの風向きなのでしょうか。

少なくとも、その転換点(ターニングポイント)に巻き込まれずに、飛び越えて、次の時代へ一歩ずつ精進して行けるよう日々を精一杯生きて参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA