【読書】東松照明写真集「桜 ’66」(ブレーンセンター刊)

東松照明先生の作品はどれも大好きですが、東松照明写真集「桜 ’66」(ブレーンセンター刊)が一番大好きです。

東松照明先生と桜が一体化し、意思も思考も共有化され、彼岸と此岸の境界を越境し、観照者をそこに導いて下さいます。

つい手に取ってページを捲って、思考のマトリクスの彼方へと彷徨しています。

改めて、東松照明先生のご冥福をお祈りします。

東松照明先生の意思を受け継ぐべく、日々、精進して参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA