【融通無碍】栄養補給のため、CD売却(厚労省の不正統計問題により不当にCPIという指標をでっち上げられ、不当に生活保護費が削減されているため)

厚労省の不正統計問題により不当にCPIという指標をでっち上げられ、不当に生活保護費が削減されているため、栄養補給のためにCD売却しました。

昨日、売却し、本日、福祉事務所に収入申告しました。

8000円で売却出来たので、福祉事務所に電話をし、控除額が月8000円までと確認しました。

丁度、CD売却額が8,000円だったので控除範囲内でした。

生活保護を受給している母子家庭の皆様の生活が困窮しているそうです。

そんなわけで昨晩と、本日、クイーンズ伊勢丹さんにて栄養補給になるものを買い込みました。

クイーンズ伊勢丹さんには、昨年6月に腰痛が治ったと言う事で、昨年の担当者に、強引にバイトをしろと言われ、お世話になっているクイーンズ伊勢丹さんに面接をして頂き、惣菜担当としてバイトさせて頂きました。

しかし腰が治ってなく、中腰での根付や、商品品出し、重たい油などの入れ替えや掃除など腰に負担が掛かって仕事が続けられなくなり、一ヶ月で辞めざるを得ませんでした。

クイーンズ伊勢丹さん昨年は申し訳ありませんでした。

そこから地道に治すべくリハビリに精進し、昨年の担当者にも「完全に治ってからお仕事してください」と言われました。

今だに、まだ治ってません。

逆に、昨年無理をした事で、余計に腰と膝と首の痛みが悪化しました。

どうやら、都合のいい相手には、厳しくして、暴力団や、厚労省に顔のきく相手には、甘い査定で生活保護を支給している模様です。

母子家庭が困窮しているそうなので、大至急の改善を要求します。

◉NEWS【2019年3月19日】

※母子家庭で生活保護を受給されている方が困窮されているそうです。
早急に統計の見直し訂正を願います。

大竹まことのゴールデンラジオ2019年3月18日より



3月18日朝日新聞朝刊



「危機の統計」 短期連載


「手荒な算定」


公的な統計を恣意的に作って使ってるんじゃないか。


統計学が専門の静岡大学教授 ウワフジ一郎さんが、
2013年生活保護費の基準引き下げの根拠を批判。


3年かけて受給者の96%減額。 削減額も10%

制度始まって以来の削減。

当時から国会審議などで疑問視されていた。

厚生労働省の不正統計問題で改めて算出。

やっぱりおかしかった。

新たに作り出したCPIを基に引き下げていた。

生活扶助相CPI当物価指数を独自に、新たに作って、

4.78%下落したから生活保護を引き下げた。

教授は恣意的なデータだと指摘。

ウワフジ教授が計算したところ、下落率2.3%だった。

厚生労働省の下落率4.78%とは大きな開きがある。

下落率を大きくするために、独自の指標を作り出した。

2012年末に自民党が政権を奪還した時に生活保護費を1割減額を掲げていた。

生活保護に厳しい自民党に代わって、厚生労働省はデフレを作り出した。

安倍政権になってからデフレ脱却している。

「国はもはやデフレではない」と言っている。

景気が良いんだったら生活保護費もあげていかなければいけないのに、

真逆の方向に引き下げるよう恣意的に操作した。

デフレ脱却の方向に続いているのにCPIが4.78%

生活保護費だけを下げるために、新たな指標を作っていた。

母子家庭を含め、生活保護の家庭がひどい状態になってると言う。

元のデータをいいように使えばなんでも出来ちゃう。

これをやりたいから、数字を使って、帰納法的に結果ありきでこう言う材料を用意します。

ミスリードしている。

全体を見渡し、正しい統計が出るように要望しなければいけない。

◉大竹まこと ゴールデンラジオ! | 文化放送 | 2019/03/18/月 | 13:00-15:30
http://radiko.jp/share/?t=20190318131650&sid=QRR

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA