【No music, No life】JUN SKY WALKER(S)「START」

お元気ですか?

貴女に最後に逢ってから、あっという間に二十数年が経ちました。

写真学校の1年目修了展観に来てくれて有難うございました。とても、嬉しかったです。

貴女と一緒に歩いた柏尾川沿いの桜並木をよく想い出します。

1度目は夜桜で、貴女の親友の飲み会に出くわし、一杯だけ飲んだのを覚えてます。

2度目は貴女が辞めたのを知ってから。

貴女と一緒に働いていていつも上手く話せなかったのですが、あの時だけ、沢山、私が考えている事を、これからやりたい事を、お話し出来ました。

貴女にだけ写真家になりたいという夢を言う事が出来ました。

貴女が背中を押してくれたお陰で、私は今も、写真家です。

あれから色々あり何もかも失っても、写真家の魂だけは、詩人の魂だけは、ホメロスの末裔としての自覚と決意は失いませんでした。

そしてこれからも。

貴女の、あの時の言葉を、これからも忘れずに、一歩ずつ、精進していく所存です。

貴女と一緒に見た江ノ島の面影や、湘南の潮風、みなとみらいの古い観覧車、鼠の国のひと時、舞台で一緒に歌ったあの歌は、今でも私の背中を押してくれてます。

JUN SKY WALKER(S)の「START」を最近iTunesで購入し、本気で聴き込んでいます。

貴女が「この歌が好きなの。いつまでも覚えていてね」と言っていたのを一生忘れません。

あの時、貴女が、言った、あの一言の意味を、何度も何度も、考えています。

そして、貴女の沈黙の意味も。

私は、自分の事で手一杯で、あの時、貴女の言葉の意味を、考える余裕がありませんでした。

あの時の私は、あの素晴らしい時間がいつまでも永遠に続くものだと信じて疑いもしませんでした。

何も知らない世間知らずの「勇気のないライオン」は、貴女に、皆んなに支えられ保護されていたのだと気付くのに、二十数年かかりました。

研究発表のOHP担当してくれてありがとう。

貴女と一緒に、いつまでも歌を歌えなかった事が悔やまれます。

弟のような存在を超えられなかった「勇気のないライオン」は、いつも心の穴として、痛みをそこに感じ続けています。

次に巡り逢った時は、貴女と、一緒に、歌を、歌いたい。です。

私を導き、見守り、送り出してくれた貴女と。

貴女と同じ夢を見る事が出来たなら。

私の魂はいつでも貴女の面影を求めて彷徨っています。

きっと、それが、写真家の動機の一つになっています。

お体ご自愛下さい。

【読書】「日本カメラ2月号」

アマゾンより「日本カメラ2月号」が到着し、早速拝読しました。

表紙をめくって真っ先にある記事は、森山大道先生の勲章受賞記事。

森山大道先生、改めておめでとうございます。

同時に、復刻本が続々刊行されるとの事。

「写真よさようなら」も「光と影」も「狩人」も。

楽しみです。

何度も古書で購入し手放してしまったので、今度は新品。

森山大道先生ありがとうございます。

お小遣い貯めておかなければ。

大道先生も「カメラのないカメラマン」時代があったのだと、嬉しい話も載っておりました。

連載「深瀬昌久伝」ますます瀬戸正人先生の筆が冴えます。

助手として、間近で観て感じて来た瀬戸先生だからこその深瀬昌久先生の様々な表情や佇まいが感じられます。

「ラムダ」工場リポート記事のよかったです。

日本製を貫く職人さんの工場だったとは。

ラムダさんのカメラバックを何度も使わせて頂きましたが、本当に頑丈で、縫製もしっかりしていてお気に入りでした。初の沖縄に大きなバックパックのカメラバックを背負って、三脚とテント持って西表や島々を旅した記憶が蘇りました。

今回も読み応えがある内容でした。

ありがとうございます。

【欅坂46】「黒い羊」MV

欅坂46公式サイトで2月27日にリリースされるニューシングル「黒い羊」のMVが公開されていました。

◉欅坂46公式サイト:http://www.keyakizaka46.com/


今までのMVとコンセプトをガラッと変えて、1カット長回しによる演劇的、ミュージカル的な内容になってます。

観ていて自然と涙が溢れました。

21世紀に現れた「To-y」よ。

若しくは、21世紀に復活した尾崎豊よ。

我々のやり残した宿題を片付けるために、貴方はその役を敢えて選んだのか。

平手友梨奈さんの髪型が、ますます、「To-y」に、尾崎豊さんに、重なって視えます。

「良い眺めなんて、別に高い所に登らなくったって、見れんだぜ」

「こんな所が頂点なんてつまんないね。

こっから始めるよ。

今度は『To-y』じゃなく、藤井冬威でね。」

(上條淳士先生著「To-y]より)
「To-y」を観て、私は歌を諦め、詩人として、写真家として、生きて行こうと、決めました。
 
まさか、この時期に、私がこうなっている間に、もう、写真家として、詩人として、やるべき道を突き進むだけ。
 
という段階になって、平手友梨奈さんが欅坂46として出現して来ました。
 
丁度、日立で日立京浜専門学院の全日教育を受けている間に尾崎豊さんのラストコンサートがあって、尾崎豊さんが逝ってしまったように。
 
昨年、「To-y」がデビュー35周年で盛り上がっていたように。
 
色んなものがリンクしている。
 
そして、それぞれが、己の選んだ役割を、信念を持って全うして行く様に。
 
ある種の生き方を、長いものに巻かれる生き方が出来ない不器用な人間が生きて行く道は、どれを選んでも、険しく厳しい。
 
だからこそ、平手友梨奈さんが選んだ道を、尊重し、見守って行きたいと思います。
 
「死ぬまでヤングで行こうぜ、ブラザー」

(津野米咲さん「journey」より)

コニカミノルタプラザの皆様、ありがとうございました。

2017年1月23日に「コニカミノルタプラザ」の運営終了していたのを、今し方知りました。

◉コニカミノルタ公式サイト
https://www.konicaminolta.com/jp-ja/newsroom/2016/0831_01_01.html

2000年7月にはコニカ・フォトプレミオで個展『ハッシャ・バイ』をさせて頂き、

2009年5月には、新装されたコニカミノルタプラザさんにて個展『古巴肖像』をさせて頂きました。本当にありがとうございました。

長年の写真業界へのご貢献、本当にありがとうございました。

コニカミノルタプラザさんのお陰で、私も写真家としての第一歩を踏み出させて頂きました。

また、数々の素敵な写真展を開催して下さり、ありがとうございました。

コニカミノルタさんの業容転換による持続的成長が上手くいきます様念願しております。

『日本カメラ1月号』(日本カメラ社刊)

本日、近所のブックスオオトリさんで『日本カメラ1月号』(日本カメラ社刊)を購入しました。

今月号も読み応えたっぷりで堪能しました。

瀬戸正人先生が描く「深瀬昌久先生の情景」が今月号も心に突き刺さります。

そして、風間克美氏の「地方私鉄1960年代の回想」と復刻版「provoke」。

どちらも1960年代。

私の生まれる前であり、まだ、理想を共有することが出来ると信じられていた時代。

そして、理想が現実に敗れ去った時代。

高度経済成長と戦争特需に支えられた反戦運動と理想主義。

その反動が、個々人に対して

「どのように敗れ去ったか」

を今現在、問われている気がします。

復刻版「provoke」を2月の予算に計上し、待ちわびようと思います。

ゴドーを待つように。

屋根裏で待ち続けた赤毛のアンのように。

情報戦と目に見えない地球規模の覇権争いの先にあるのは、一体何なのか。

現在を生きている我々に問われているのは、情報とAIの特異点を彷徨うマトリクスの中で、

人間とは何なのか。

心とは何なのか。

人とAI、ゴーストを区別することは、我々には出来ない。

自己犠牲の精神に根差した、近松門左衛門先生の描き残した、洞窟壁画に遺された、目に見えない大切なものを保持し共有し探求し続ける好奇心を、どんな状況でも持ち続けるハードボイルドな精神なのだと、改めて確信した年末でした。

「どんな状況においても軽口とユーモアを忘れない精神」

をハードボイルドと言うと、鴻上尚史先生が仰られてました。

悪魔に魂は売らない。

何があっても、慈愛の精神と人間性を失わず、オートポイエーシスの綱渡を切れることなく渡り続けようと思います。

日本カメラさん、佐々木秀人編集長、来年も宜しくお願い致します。

武田花先生の連載も大好きです。

飯沢耕太郎先生の写真展・写真集評も刺激になります。

クイーンズ伊勢丹さんお薦めチリ産赤ワインで酔っ払った頭を白湯で冷ましつつ、

アレサ・フランクリンさんを偲んで拝聴して年末を過ごすのでした。

 

さて。本日の運動しようっと。

 

DSC-RX100を発注

本日、予算が通り、家賃を振り込み、auさんにも振り込み、そしてコジマネットさんにてSONY DSC-RX100を発注しました。

これで、SONY DSC-RX100は三代目となります。

昨年の12月3日に初代が。やんごとなき事情により手離して、7月に再度購入。8月に手離して、カメラの無い写真家として日々リハビリに精進して参りましたが、この度、ようやく発注できました。

朝7時の郵便局ATMオープンと共に駆け込み、振込を済ませ、お金を下ろし、au walletにチャージして(先月チャージして貯めていた分と合わせて)コジマネットさんで購入手続きをし、無事に引き落とし出来ました。

ソニー特約店だそうなので、2代目同様にM2の基板を使ったファームウェアver.2.00の機体が到着するものと確信しております。

この2ヶ月、価格コムの値段が乱高下していたので、ハラハラドキドキしながら見てましたが、妥当な値段で購入出来ました。

SONYさんはDSC-RX100シリーズ全て現役で出されてる所が好感持てて大好きです。

初代のDSC-RX100をないがしろにしない所に、「世界のSONY」のSONYたる所以なのだと感じます。

中学校の制服を購入した時に、貰ったウォークマンからSONYさんとの蜜月は長く、ラジオもラジカセもDVDポータブルプレイヤーも歴代のウォークマン(MDウォークマン)もSONYさんでした。

思えば、6年前の2012年12月26日、震災に遭われた石巻さんに恩返しさせて頂こうと持ち出しで写真展や写真集を作成し、石巻の皆様に貰って頂いたりしてきましたが、長年の疲労が溜まり、背骨が変形して尖って神経に刺さるという筋筋膜性腰痛、首痛、膝痛と重なり、カメラからパソコン、家電、冷蔵庫、家具から日用品まで売れるもの全て売り払い、家賃から光熱費まで滞納し、もうこれ以上無いくらいまでになって、福祉事務所に駆け込んだでから丸6年となりました。

良性の腫瘍も2つ見つかり、手術して頂き切除しました。

長いリハビリに耐えながら、治ったと思って早めに始動して、悪化しての繰り返しで、まずは完全に治すことに専念して来ました。

そして、地道にお金を貯めて、中古のiMacを導入し、そしてようやくDSC-RX100(コードネーム:百式)を取り戻す事が出来ました。

これもひとえに有形無形に見守って下さった皆様のお陰です。有難うございます。

石巻の皆様に恩返しさせて頂くために、ライフワークは欠かさず続け、必ずやご恩返しさせて頂く所存です。

ラジオ石巻の相澤雄一郎相談役を始め、ラジオ石巻の皆様、石巻商工会議所の後藤副会頭、高橋武徳専務理事を始めとする石巻商工会議所の皆様、河北新報社、三陸河北新報社の皆様、石巻市役所の皆様、石巻の皆様、森山大道先生を始めとする、大勢のお世話になった皆様に感謝の意を表します。

有難うございます。

来年は年男でもあり、飛躍の年となるよう精進します。

今後とも宜しくお願い致します。

TOP museum笠原美智子課長、ご栄転おめでとうございます。

TOP museum笠原美智子課長、ブリジストン美術館副館長へのご栄転おめでとうございます。

TOP museum時代には、写真集を貰って下さり、ありがとうございました。

そしてお話も伺えた上に、TOP museum(東京都写真美術館)の図書室に収蔵して頂きありがとうございました。

◉カレー沢薫先生による笠原課長肖像(©️カレー沢薫著「ニアイズ」)

腰の状態が良くなり、ポートフォリオが出来た際、またお伺いさせて頂こうと思ってました。

賀状を認めようとした際、ふと検索したくなり笠原課長を検索したところ、ブリジストン美術館の副館長にご栄転されたと知りました。

遅まきながら、御栄転おめでとうございます。

ますますのご活躍をお祈りしております。

笠原美智子先生の御本、また取り戻して再度拝読させて頂こうと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

高みへと昇華するための代償

radikoのタイムフリーで、第二回『村上Radio』の再放送を拝聴しました。

放送の最後に、村上春樹先生が、スタンゲッツの言葉を引用しつつ、とても大切な事を話して下さっていました。

備忘録として、書きおこしておきます。

 

◉村上Radio公式HP:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

『村上Radio』より〜スタンゲッツの言葉〜

「僕の中には強いバネのようなものがあって、
それが僕を無意識のうちに
パーフェクトな音楽の高みにまで跳ね飛ばしてくれるんだ。

そしてその高みの為に、
僕は人生の他の全てを犠牲にしてきた。」

美しい音楽は素晴らしいものだけど、
その達成の裏には、多くの場合、
崖っぷちでの危うい魂のせめぎ合いがあります。

アレサ・フランクリンの場合もそうだったけど、
音楽を音楽として楽しむと同時に、
僕らはその裏にあるもののことを忘れてはいけない。

 

 

とても素晴らしい言葉で、心の奥底にまで響き渡りました。

何かを志高く、誰も到達し得ない高みにまで昇華しようとするならば、代償として、それ以外のものを犠牲にする覚悟が必要なります。

誓約と制約

ある境地にまで到達する為には、一般の常識を逸脱し、ある種の決意と覚悟と勇気と愛を持って、あらゆる悪意やあらゆる誘惑やあらゆる嘘、あらゆる常識を乗り越えなければならないのだと、改めて確信しました。

高みへと登って行くために、音楽以外の全てを犠牲にしてきたスタンゲッツ先生とアレサ・フランクリン。

様々な道の達人は、孤独を恐れず、誘惑や嘘や偏見や常識に惑わされず、囚われず、思い込みを捨て、揺るぎない強い意志を持って、絶えず己の規範やルールを反証しつつ、「存在とは別の仕方で存在」する「何か」に導かれ、高みへと、ある種の極致へと到達する。

孤独を恐れず、悪を成さず、
求めるところは少なく、
林の中の象のように。(釈迦)

魂の揺るぎなきせめぎ合い。

オートポイエーシス。

バランスを取りながらも、心を失わず、己と妥協する事なく、精進して行くことしか無いのだと、改めて覚悟を決めました。

村上春樹先生の言葉には重みがあり、現場で身銭を切って、身を削って試行錯誤してきた人にしか発することのできないある種の「重み」「深み」があります。

第4回も楽しみです。

ロバート・フランク先生『come again』@Steidlと加藤基先生

2011年頃、リトル・モアの加藤基先生に写真を見て頂きました。

その時、私の写真をじっくり見て頂いた後、ロバート・フランク先生の名著『come again』(Steidl刊)を紹介して下さいました。

当時、ロバート・フランク先生の他の名著はいくつか購入させて頂き、何度も観照させて頂いてましたが、この『come again』(Steidl刊)は未見で知りませんでした。

どの様な経緯でこの本をロバート・フランク先生が作られたか、どんな想いでこの本を作られたか。この本に何を託して出版したのか。

加藤基先生が色々とご教授して下さいました。

そこで、加藤基先生から有形無形にご教授頂き、私の写真作品をどの様に形にして、何を託すのか。

その形への仕方や、想いの託し方など、貴重で最も重要な事を意識的にも無意識的にもご教授頂きました。

本当にありがとうございます。

そこで、私が、これから発表するであろう作品の本質を、コツンと手探りで確信した鉱脈から、それを、歴史の、その場所に関わった多くの皆様、多くの生命、存在の意志を託すやり方を試行錯誤する方向へと舵を切りました。

そしてようやく、

「その時期が来た」

と感じます。

ここから試行錯誤しつつ、切実な、スピンの繋がりを意識しながら、時空と次元を超えて共鳴し倍音を奏でる何かの響きを、魂の叫びを、形にすべく精進して参ります。

まずは、このHPで試行錯誤しつつ、段階的に、形にして次代へ託せるものへと昇華出来るよう精進します。

Amazonの商品説明が、とても分かりやすいので、引用させて頂きます。

◉AmazonHP:https://www.amazon.co.jp/Robert-Frank-Come-Again/dp/3865212611

Robert Frank: Come Again (英語) ペーパーバック – 2006/11/15」

1991年11月、ロバート・フランクはレバノン内戦(1975-1990)で荒廃した市街の撮影を委嘱され、ベイルートへと赴いた。そこで彼が撮影した写真の多くは、行動を共にした5人の写真家の作品とともに、1992年にEditions du Cypres社が刊行した『Beirut City Centre』で発表された。その際に委嘱された仕事とは別に、フランクはベイルートとその周辺をポラロイド写真に収めていたのだが、帰国後、その写真はスタジオにしまいこまれたままになっていた。長い年月を経てようやく、フランクはふたたびその写真に注目する。そして、そのポラロイドを使って、スケッチブック1冊分のコラージュ作品を作り上げた。『Come Again』は、そのコラージュを複製した写真集。フランクは近年、ポラロイドにほぼ全精力を注ぎ、ポラロイド写真を使ったコラージュやアッサンブラージュの可能性を追求している。ポラロイド部分にのみワニスをかけ、4色のつや消しインクで印刷された縫製ソフトカバー仕立ての『Come Again』は、フランクの初期のポラロイド実験に光を当てた、まったく目新しいアーティストブックだ。

 

デジタル庵室【追記】

腰痛と首痛、膝痛のリハビリをしつつ、寝ながらデジタル庵室作業をしています。日毎に寒くなるので、痛みが増します。天候や気温差、風、湿度など色々な要素によって痛み方が違います。

iMac(Mid,2011)のAirDropが、iPhone7やiPad Proと対応していないため、やや不便です。

そこで、iMacを使用してる間は、USB2.0ハブを通してiPad Proを繋いでおくことにしました。

AirDropの代わりに写真ソフトで吸い出すことで代用できます。iPhone7の写真はAirDropでiPad Proに送れば良いし。

Duet Displayは、iMac(Mid,2011)+High Sierra(10.13.6)の組み合わせだと不具合が生じてしまうので使ってません。

元々、macOS Sierraの時も、Duet Displayは使えはしましたが、画面サイズと解像度がおかしく、手動で暫定的に設定しなければならず使いづらかったのでした。最新のMacBook Air でもmacOS SierraでDuet Displayの不具合が生じてました。

iMac(Mid,2011)の画面サイズが21.5インチあるのでPhotoshopCS6も問題なく快適に使えます。

トラックパッドとキーボードがBluetoothなので使い易いです。

2011年〜2012年まで使っていたMac Proと同じキーボードとトラックパッドなので操作性に慣れていてトラックパッドがあれば、ワコムのペンタブレットが無くてもPhotoshopCS6の操作に支障がない事が判明しました。

RAMを8GBから20GBまでアップしたので、D3やD300SのRAWデータをスライドショーで1秒ごとに表示しても問題なく表示されます。

トラックパッドでの拡大縮小もスムーズにストレスなく行われるので感覚的に使えます。

昔、256MBのRAMを1万円以上で購入していた時代が懐かしいです。

graphic converter10で粗選りしてますが、ようやく2018年に入りました。

まずは、デジタルデータで生き残ったデータを整理して、必要なものをバックアップして、そこからセレクトして絞り込んで行きたいです。

フィルムスキャナーも取り戻して、データ化し、整理しないといけないのです。

2011年にデータ化したものがほとんど失ってしまったのです。

でも、これだけデジタルフィルムが生き残ってくれて良かったです。ヾ(´∀`*)ノ

中平卓馬先生がフィルムやプリントを焼いた時の気持ちが、少し分かります。

或いは、森山大道先生がスランプに陥った時期の気持ちが。

私はこの程度で良かったです。

否、まだまだこの先も幾多な不条理さや悪意に晒されると思いますが、それを乗り越える強い意志と勇気を手に入れたと確信しました。

小学生の時に「オズの魔法使い」をやった時、「勇気のないライオン」役を任命されました。

攻殻機動隊にも「オズの魔法使い」の話が出てきますが、そこには、脳のない案山子と、心のないブリキの木こりが登場してます。

あの攻殻機動隊の話は、とても見につまされます。

「役とは、その本人のコンプレックスの本質そのものである」

どうやら私は、中平卓馬先生や森山大道先生、谷川俊太郎先生、鴻上尚史先生、ダイアン・アーバス先生など多くの方々が陥った、追い込まれた「何か」と同じ様な不条理さや悪意に出くわした様です。

私の周りの大切な人々や大切な先輩、大切な友人知人も次々に追い込まれ、ある人は統合失調症になり、ある人は様々な病気を発症したりしました。

それで、2012年12月に生活保護を申請し何とか、失語症にもならず、統合失調症にもならず、拒食症にも癌にもならず腰痛と首痛、膝痛と良性の腫瘍(左肩と右脇)だけで済みました。

背骨が変形して神経に触るため痛みが生じますが、腹筋や背筋を鍛える事で閾値を上げ、痛みを抑えてゆくしかないと先生に言われました。

あ。緑内障疑いもありますが、定期的に視野検査をして頂いてます。アレルギーによる症状を緩和する目薬を使ってます。

何とかあの状況を切り抜けた今、「勇気のないライオン」は勇気を授けられたと確信してます。

私を導いて下さった素敵な皆様のお陰で、自己を喪失する事もなく、悪に染まる事もなく、これまでの自分を見つめ直して贖罪によって赦され、浄化され新生したようです。

以前より感覚が研ぎ澄まされ、善き人々に導かれた直観が私を善き方向へと導いてくれていると感じてます。

善き人々の皆様、有難うございます。

信念を曲げない勇気。

己に課した規範やモラル、正義、理念などを絶えず反証しつつ、偽の思考や嘘や悪意に汚染されず、甘い罠に引っ掛からず、真っ当に行きて行こうと思います。

あとは精進して、本物の素敵な人々とご縁を深めて、ライフワークを形にしていけるよう精進して参ります。

これからもよろしくお願い致します。