【哀悼】スリランカの同時爆発テロで亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

21日、スリランカで同時爆発テロが発生しました。

◉スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20190421/k00/00m/030/060000c?inb=ys

◉内戦終結で治安安定 広がる「なぜ」 スリランカ爆発(毎日新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000055-mai-asia

スリランカの同時爆発テロで亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

世界が平和になります様、お祈りしてます。

【ご冥福】モンキー・パンチ氏を偲んで

先日、4月11日に亡くなられたモンキー・パンチさん。

心よりご冥福をお祈りします。

◉追悼、モンキー・パンチさん ルパン三世シリーズに登場した名車5選
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00010000-kurumans-bus_all

個人的には子供の頃、よく「ルパン三世」のアニメを見ていました。

いつだったか、モンキー・パンチさん原作の漫画「ルパン三世」第1巻を購入し、何度も熟読しました。

漫画や小説にはまってたくさん読んでいた少年時代でした。

モンキー・パンチさん原作の漫画「ルパン三世」第1巻は、アニメとは違い、とてもシリアスで、ハードボイルドで、世知辛い世の中に対する反逆児、独立愚連隊のような存在でした。

中でもアニメとの明確な違いは、ルパンは、人を殺します。

やるかやらないかのギリギリの切迫感の中で、ワルサーP38を撃ち、孤独とともに存在しています。

モンキー・パンチさんが本当に言いたかった事が、原作の漫画に凝縮されています。

少年漫画によくありますが、テレビアニメ化され、一般的に認知されると、誰も死ななくなり、コミカルになり、孤高に生きることの不安や切実さが失われ、誰からも嫌われない様な内容に変わってしまいます。

私にとってのルパン三世は、モンキー・パンチさん原作の漫画です。

今でも胸に刻み込まれてます。

改めて、モンキー・パンチさんのご冥福をお祈りします。

【追悼】熊本地震から3年が経ちました。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。被災された皆様の1日も早い復興をお祈りします。

熊本地震から3年が経ちました。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。被災された皆様の1日も早い復興をお祈りします。

◉「熊本地震から3年 住まいの再建や見守り支援など課題」(NHKニュース)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190414/k10011883351000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

仮設住宅に住まわれてる方が1万5千人以上いらっしゃるとの事。

1日も早い復興を念願致しております。

【追悼】1995年3月20日オーム地下鉄サリン事件から24年経ちました。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

【追悼】1995年3月20日オーム地下鉄サリン事件から24年経ちました。

亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

被害に遭われた皆様のご健康と御多幸をお祈りしています。

 

1995年3月20日。日立の子会社を退職する最後の日。午前半休で午後から出社し、ご挨拶させて頂く事になっておりました。

いつもの時間に起床し寮の食堂で食事を食べ、部屋でテレビでニュースを見ていた所、オーム地下鉄サリン事件が中継され衝撃を受けました。

間も無く引越しをして、東京にある写真学校で基礎から学ぶ事になっており、横浜から東京へ向かう最後の区切りの日に起きた出来事として、心に刻み込まれています。

日本はもう、安全な国では無いのだと改めて認識しました。

 

改めて地下鉄サリン事件で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

被害に遭われた皆様のご健康とご多幸をお祈りします。

シリア内戦から8年。亡くなられた皆さまのご冥福をお祈りします。

2019年3月15日でシリア内戦勃発から8年だそうです。

亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

被害に遭われた皆様の復興を念願しております。

◉シリア内戦勃発から8年、死者37万人に 監視団発表(AP・Yahoo!ニュース 3/15(金) 22:50配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000041-jij_afp-int

【映画】夏木マリ主演「生きる街」オフコメンタリー

2016年に石巻・鮎川で撮影され昨年公開されました夏木マリさん主演「生きる街」のDVD特典オフコメンタリーでも鑑賞しました。

オフコメンタリーは、映画を流しながら副音声で榊監督と主演の夏木マリさんが場面場面でいろんなコメントを入れてくださってます。

DVD映像特典は他にオフカットなどもありました。

DVDで鑑賞するときは、そう言うオフショットやオフコメンタリーも鑑賞できることで、監督や演者、スタッフの皆様のこだわりや願いが込められたものを再確認できます。

一度映画を見終えたら、トップページが出てきてセレクトできる仕組みになってました。

榊監督が現地で被災された皆様に寄り添っていろいろとリサーチされ、肝だと感じた部分をそのままあるがままに提出するよう心がけているのだと、改めて感じました。

撮影のちょっとした小話や、アドリブを役者に考えさせる監督の手腕に感嘆しました。

お勧めです。

改めて、東日本大地震で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

東日本大震災で被災された皆様の心の復興をお祈りしてます。

【哀悼】須田一成先生、ご逝去に際しお悔やみ申し上げます。

須田一成先生、ご逝去に際しお悔やみ申し上げます。

2019年3月7日午前6時20分頃、千葉市内の病院にてご逝去されたそうです。

2004年頃の2年間、須田塾に参加させて頂きました。

当時はカラーネガで撮影して同時プリントを毎回持っていき、須田一成先生に見て頂き、選ばれた写真を先生がその場で組み上げて並べて下さいました。

その手際の速さと、直観の大切さを教えて下さいました。

数年前、神保町でバッタリ須田一成先生に出会い、先生の構えるカメラに擦過され、そのまま先生は撮影を続けられていかれたのを覚えています。

写真家の生き様を背中で、全身で、見せて下さいました。

本当に有難うございました。

お悔やみ申し上げます。

訃報:須田一政氏が逝去されました(清里フォトアートミュージアム)

訃報:須田一政氏が逝去されました

◉「天井桟敷」カメラマン、写真家の須田一政さん死去(読売新聞)

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190307-OYT1T50160/?fbclid=IwAR1Qyti3GChMz1jqcsAyqO7kV7t-AtyH55EhE9ZNM30VmlSG8o2DK95B4ek

◉写真家・須田一政さん逝去 生前語っていた「いわゆる“家族写真”を撮ったことがない」(AERAdot)

https://dot.asahi.com/dot/photoarticle/2019030700040.html?page=1

◉写真家の須田一政さん死去(共同・LIVEDOOR)

http://news.livedoor.com/article/detail/16123756/

【写真集】「大津波襲来〜石巻地方の記録」(三陸河北新報社刊)

こちらも事あるごとに拝見し、かけがえのない日常の大切さを失わないように、初心を忘れないように、襟を正しています。

「大津波襲来〜石巻地方の記録」(三陸河北新報社刊)

自然の恐ろしさを畏怖と同時に感じながら、自然の大切さをも忘れないよう、様々な皆様のかけがえのない日常の記憶を想像し、胸に刻みます。

膨大な歴史の中に翻弄されながらも、かけがえのない日常を懸命に誠実に生きて行くことの大切さと尊さを感じながら、改めて、亡くなられた皆様のご冥福をお祈りし、被災された皆様の1日も早い心の復興をお祈りしています。

記憶に留め、忘れない、忘れてはいけないものが、あるのだと、改めて痛感します。

東日本大震災から間もなく丸8年

今日で2019年もあっという間に3月に入りました。

あと10日で東日本大震災から丸8年となります。

改めて、亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

被災された皆様のこころの復興をお祈りしています。

石巻は、まだまだこれからようやく本格的な災害に強く人と自然が共存する街作りが本格化してきた所です。

これからも石巻の、東北の、被災された皆様の心に寄り添い「無垢なる媒介者」として、「ホメロスの末裔」として、見守り続けさせて頂く所存です。

3月11日にも石巻に伺い、追悼に参加させて頂きます。

風邪も治り、リハビリ運動も昨日から復帰しました。

石巻へ伺わせて頂く前に、最低限の体力を回復させて黙祷を捧げに行かせて頂きます。

世界が平和になります様、お祈り申し上げます。

 

【哀悼】「<東日本大震災>わが子が生きた証し碑に刻む 石巻・日和幼稚園の遺族有志、現場付近に慰霊碑建立へ」河北新報ニュース

河北新報ニュースに、遺族の皆様が慰霊碑建立するというニュースが載っていました。

◉河北新報
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201902/20190206_13008.html


【哀悼】「<東日本大震災>わが子が生きた証し碑に刻む 石巻・日和幼稚園の遺族有志、現場付近に慰霊碑建立へ」

 東日本大震災の津波で犠牲になった私立日和幼稚園(石巻市、休園中)の園児の遺族有志が、石巻市門脇町の被災現場近くに慰霊碑を建てる準備を進めている。「子どもたちを守れなかった記憶と教訓を、後世に引き継がなければならない」。震災8年となる3月中旬までに建立し、語り継ぐ決意と共に、わが子が生きた証しを刻む。

「有事の際はとにかく逃げてほしい。子どもたちのことを伝え、一人でも多くの命を救いたい」と力を込める。碑の建立をきっかけに、伝承の輪が広がることを思い描く。


「祈念公園には多くの人が訪れると思う。私たちの慰霊碑にも足を止めてほしい」と願い、語る。
 「この子たちの命があった証しを残してあげたい。きっともう、親の私たちにはそれしかできないから」

改めて、お悔やみを申し上げます。

慰霊碑が建立された暁には、是非とも慰霊に伺わせて頂きます。

【融通無碍】帰一

風邪薬飲んで、眠りながら目覚めながら、微睡みの狭間でつらつらと沈思黙考してますと、どこから考え始めても、禅問答のサーキットにはまり込み、自意識の迷宮を抜け、メビウスの環から弾け出すと、「帰一」へと戻ってしまいます。

そして「帰一」のピースが全てハマり、縁・円・球になった刹那、またリセットボタンから手を離したように、堂々巡りが始まります。

吉本隆明先生が仰られたように、最初の数世紀でほとんどすべてが言い尽くされており、それ以後は枝葉末節にすぎない。

その時代時代に合わせた現実、リアリティーをその時代時代の言葉で参照し引用しているのみ。

それでも。だからこそ、その時代を生きているもののやるべき事として、伝燈を受け継ぎ、その時代の切実なリアリティーを次世代へと受け渡す役割があるのだなぁと、改めて確信しました。

「過去は常に新しく、未来は常に懐かしい」
(森山大道先生)

どうせ全ては「帰一」へと、戻ってしまうのならば、己に与えられた役割を、抗えない運命の力によって、女神様によって導かれたあるがままを受け入れ、咀嚼し、使命を果たす事が、生きることの意味であるのだと感得します。

一即多、多即一

個であり全、全であり個

ミクロの視点とマクロの視点、俯瞰的に、捻れた四次元のマトリクスの彼方からの視点を絶えず意識して、絶えず自己に問いかけ、反証し、「贈与と返礼のルール」の中に含まれて行こうと、コミットメントして行こうと思います。

「ソーブ・キ・プ(生き延びられるものは、生き延びよ)」

【融通無碍】風邪でダウン

リハビリ通院で篠宮クリニックさんへ伺い、30分の牽引療法を終えて待合室に戻ると、患者さんで溢れてました。

ニュースで東京も風邪やインフルエンザ流行開始となっていたので、

悪い予感しながらも早々に帰宅しました。

しかし、案の定、何処かで風邪を貰ったらしく、帰る途中から足取り重く悪寒が。

納豆卵野菜炒め丼で栄養摂り、薬飲んでデジタル庵室しようとしましたが、

寒気と気持ち悪さと節々の痛みによって、起きてられず、

iMac付けっ放しで寝てました。

夜になっても状態変わらず、何とか納豆卵野菜炒め丼で栄養を摂取して薬飲んで安静に。

Mac 付けっ放しで寝てました。

今日は安静にして寝て治します。

風邪とインフルエンザ流行始まったので、お身体ご自愛くださいませ。

阪神・淡路大震災の使者に祈りを捧げながら安静に眠ります。

【追悼】阪神・淡路大震災で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします

阪神・淡路大震災から今日で24年となりました。

阪神・淡路大震災で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

阪神・淡路大震災で被災された皆様の心の復興をお祈りしてます。

人の、生命の、心と心の繋がりを、信じてます。

今日からフィルムスキャナー作業へ

風邪も丸一日寝てほぼ治りました。

昨日、デジタル庵室で、2011年7月20日〜21日の石巻の写真をセレクトし、調整し、一段落しました。

毎日少しずつアップし更新しつつ、本日より、少しずつフィルムスキャナーでスキャンしては、スポッティング、色調整、サイズ調整などして行こうと思います。

腰と膝が痛いので、リハビリしながら、寝転んでデジタル庵室作業をしてます。

まるで涅槃像のようです。

寝転んで作業していても、ある程度経つと腰と膝の痛みが激しくなるので、少しずつ作業しては安静にしながら、という感じで行って参ります。

もちろん、2011年から2018年の石巻の写真も調整してセレクトして行きます。

篠宮クリニックの院長先生が仰られましたが、冬は腰と膝の痛みが悪化するとの事で、「無理せず」「焦らず」地道にリハビリしながら、精進して参ります。

宜しくお願い致します。

※iPad Proの写真に取り込んで、スライドショーで確認出来るのでとても重宝してます。

【哀悼】インドネシアの津波被災者に哀悼の意を評します

2018年12月22日に発生した津波の被害が今も続いています。

改めて、インドネシアの津波で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

インドネシアの津波で被災された皆様の一刻も早い復興をお祈りします。

分断されて支援物資が届かない模様との事ですが、支援が行き届いて、1日も早い復興を念願します。

◉NHK WEB NEWS「インドネシア津波 噴火のあと火山の高さが3分の1に」https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181230/k10011763841000.html?utm_int=word_contents_list-items_001&word_result=インドネシア津波

インドネシアは火山も地震も多く津波や地震の被害のニュースが毎年届き、心を炒めます。

津波の被害が収まり、復興されるのを念願します。

インドネシアの活火山アナク・クラカタウに伴う津波により亡くなられた皆様のご冥福を念願します。

 

◉NEWS【2018年12月24日】

2018年12月23日に発生したインドネシアの活火山アナク・クラカタウに伴う津波により多くの犠牲者が出ております。

時事ニュースによりますと、スンダ海峡に面するジャワ島とスマトラ島の沿岸を襲った津波により死者が280人を超えたとのことです。

インドネシアの活火山アナク・クラカタウに伴う津波により亡くなられた皆様のご冥福を念願します。

インドネシアの活火山アナク・クラカタウに伴う津波により被災された皆様にお見舞い申し上げます。
1日も早い復興を念願します。

◉時事.com『揺れ・警報なく「いきなり」津波=被害拡大、死者281人に-インドネシア』
2018年12月24日18時56分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122400392&g=int


【ジャカルタ時事】インドネシア政府は24日、スンダ海峡に面するジャワ島とスマトラ島の沿岸を襲った津波による死者が281人になったと発表した。行方不明者は57人。津波は地震に伴う事象ではなく、警報装置も予算上の理由などから稼働していなかった。被災者は「突然のまれた」と証言しており、予兆がなかったことが被害を拡大させたとみられる。

【石巻】供養花火@2011年石巻川開き祭り

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、多くの皆様がお亡くなりになりました。

改めて亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

被災された皆様の1日も早い復興をお祈りします。

海難事故などの供養祭として毎年開催されている、石巻川開き祭りですが、2011年3月11日の東日本大震災によって自粛か開催か議論が行われたそうです。

東京をはじめ全国的に様々なイベントや花火など自粛になっていました。

3月には春のピアノ発表会の撮影のお仕事を第一舞台企画さんでやらせ頂いていましたが、震災後からどこも自粛となりました。

数年前の石巻川開き祭りの花火大会の際、ラジオ石巻さんが生放送で中継されているのですが、ゲストに花火師さんがお越しになってました。

花火師さんのお話では、

「2011年は全国的に花火大会が自粛になり、このままでは花火師は首が回らなくなるところまで行きました。

でも、一番被害を受けた石巻さんが1日短縮して2011年7月31日と8月1日の石巻川開き祭り開催を決めた事で、全国的な自粛が緩和され、花火師さん達は何とか凌げました」

とお話しされてました。

それから年々、石巻川開き祭りの供養花火はパワーアップし、今年の花火は音楽に合わせて打ち上げがあったり、西城秀樹さんを偲んでYMCAに合わせて、花火も夜空にYMCAと火の花を咲かせていました。

石巻川開き祭り実行委員会の皆様を始め、石巻に関わった全ての皆様のお陰で、石巻川開き祭りが継続され、それを機に、復興への意志が加速された様に思います。

改めて関係各位の皆様に御礼申し上げます。

そして、石巻の皆様を始め、東日本大震災にて被災された皆様、北海道胆振東部地震で被災された皆様、あらゆる災害、事件、事故に遭われた皆様の1日も早い復興を念願しております。



【追悼】石巻・東交タクシー

石巻市中央にある東交タクシーの車庫兼事務所。

2011年の石巻川開き祭りの時、NIKON D3にハスキーの三脚を付けて歩き回って、ふと呼ばれたと感応した時に、お声を掛け、写真を撮らせて頂き、東日本大震災の時のお話を伺いました。

その時、東交タクシーさんの車庫兼事務所の所で乗務員さんがいらっしゃり、お声をかけさせて頂きました。

東日本大震災の当日、この事務所に当直としていらっしゃった方が、津波にのみ込まれお亡くなりになったそうです。

改めてご冥福をお祈りします。

それ以降、毎回、石巻へ伺わせて頂いた際、この場所の前で黙礼し、哀悼の意を表しています。

貴重なお話を有難うございました。

東日本大震災の記憶を、想い出を、語り部の様に次代へと受け継いで貰える様、精進したいと思います。

【哀悼】石巻中央のお父様【追記】

※お父様が亡くなられたご自宅付近。スキャンしたデータが紛失している為、写真集を複写しました。フィルムスキャナー導入後、新しいのをアップします。(2004年秋頃/石巻市中央/ご自宅付近)

2011年8月1日石巻川開き祭りも残すは花火大会だけとなった夕刻。

旧北上川の中にある中瀬公園から花火が打ち上げられる為、旧北上川沿いへ赴きますと、素敵なご家族が椅子に座って歓談しつつ花火を待っておられました。

とても素敵に感じられ、呼ばれるようにお近くまで伺い、お話を伺いました。

旧北上川沿いの石巻市中央一丁目は、江戸時代からの船着場であり、ここで廻米船から荷下ろしをし、河川の船に乗せ変えて、石巻中央に掘り巡らされた水路を使って配送したり、旧北上川を遡って奥州藤原氏の平泉やその土地土地と交易していたとの事です。

海上船である廻米船と、河川の船との交叉する要衝の地。

それが石巻の歴史であり、かつてはこの石巻市中央一丁目の旧北上川沿いには(船を繋ぐ)綱屋や船に関するお店が多かったそうです。

一本入ったアイトピア通りも昔は水路になっていて、そこには着物やいろいろな絢爛豪華なお店が軒を連ねていたそうです。

ご家族のお父様だけが、この石巻市中央一丁目辺りでは犠牲になられたとの事でした。

「地震があったら津波がくるから日和山へ逃げろ」と皆、この辺の人は知っていて、お父様もご存知だったそうですが、何故かお父様は日和山へ逃げる事なくお亡くなりになられたそうです。

津波が引いた後、家が流されたこの場所にご遺体が戻って来ていたそうです。

それで、お父様のご供養の花火を、この失った実家跡から眺めようとご家族お揃いで花火を見守っておられました。

改めてご冥福をお祈りします。

とても気さくで素敵なご家族で、色々と石巻の歴史などから津波の模様などお話頂きました。

本当に有難うございました。

花火が始まる頃には、この場所に大勢の人が集い、供養花火に想いを託して、復興を誓って、明日に目を向けて立ち向かっているいしが感じられ、厳かな中に明日への希望を感じ、とても幸福な気持ちになりました。

どうか皆様、お元気で、健やかに素敵な人生をお過ごし下さい。

石巻の復興はようやく始まったばかりですが、石巻の、東北の皆様の、自分たちの町の賑わいを取り戻そうとする姿勢がとても伝わって来ます。

微力ながら、写真家である私は、私にできる事で石巻の皆様にご恩返しさせて頂きます。

【追悼】石巻・日活パール劇場支配人清野氏

デジタル庵室で石巻の写真を整理していましたら、震災後の石巻・日活パール劇場の写真が出てきました。

PhotoshopCS6で調整していた時、ふと、日活パール劇場について検索したくなり、検索したところ昨年(2017年)に日活パール劇場支配人の清野氏がお亡くなりになられていた事を知りました。

改めてご冥福をお祈りします。

石巻かほくさんの記事が出て来たので、故人を偲んでリンクし、一部引用させて頂きます。

◉石巻かほく「石巻・日活パール劇場支配人の清野さん逝く 興行一筋60年」

HP:http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/08/20170820t13003.htm

 60年にわたって映画館を経営した日活パール劇場(石巻市中央1丁目)の支配人、清野太兵衛さんが5日、心不全のため亡くなった。90歳だった。

 日活の娯楽作品で市民を楽しませ、映画が斜陽になっても成人映画に活路を見いだした。シネコン時代になると地方から個人館が消えていく中、県内唯一の個人館として最後の砦のように奮闘、東日本大震災の津波さえ乗り越えた。

 最後に取材でお会いしたのは昨年7月。天井近い箇所に津波の高さが記されていた。2メートル50センチとあった。「被災から3カ月後には再開したよ。常連の人たちの社交の場だからね」。興行主の意地と誇りを垣間見た。

【東日本大震災】月命日とパレード

早いもので、2011年3月11日から7年9ヶ月が経ちました。

2011年7月31日、8月1日の石巻川開き祭りに伺わせて頂きましたその折、

パレードを待っていらっしゃる皆様にお声を掛けさせて頂き、お話を伺って、写真を撮らせて頂きました。

震災の時、幼稚園バスに乗車されていたお嬢様がお亡くなりになられたご家族とお話をさせて頂き、写真を撮らせて頂きました。

お亡くなりになられたお嬢様は、2011年春に卒園し春から小学校に入学される方でした。

活発で明るいお嬢様で、誰にでも好かれる優しいお嬢様で、ディズニーが大好きだったとお話を伺いました。

それで、2011年8月1日の石巻川開き祭りにディズニーがパレードにくると言う事で、お嬢様の遺影と共にパレードを見に来られたそうです。

月命日の本日、改めてお嬢様の大好きだったディズニーのパレードの写真と共に、獅子舞に遺影を見せられてる写真と共に掲載させて頂きます。

もし、ご不都合があればご連絡頂ければ幸いです。

改めてお亡くなりになられたお嬢様をはじめ、東日本大震災で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたします。

そして東日本大震災で被災された皆様のご多幸と1日も早い復興を念願致します。

◉2011年8月1日/石巻市中央/アイトピア通り/石巻川開き祭り/ディズニーパレード/遺影と共に

【哀悼】「北海道胆振東部地震から3ヶ月」

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震から3ヶ月が経ちました。

改めて北海道胆振東部地震で亡くなられた皆様のご冥福を念願しております。

北海道胆振東部地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
1日も早い復興を念願しております。