【融通無碍】ヨドバシより到着

気持ち悪さと寒気と微熱、胃腸の調子はまだいまいちですが、ヘルシーな納豆サンドやら餃子やウィンナー、野菜炒めオムレツなどで栄養摂取。

お薬を飲んで順調に回復中です。

ヨドバシ.comでSONYの充電電池などを注文しましたら、午前中に到着しました。

同様に、アマゾンでもSONYの充電電池やら日本カメラ2月号などを購入しましたが、まだ届きません。ヾ(´∀`*)ノ

昨年はSONYの充電電池を4つ持ってましたが、全部手放し、リサイクル回収に回しました。

2011年以降、心を入れ替え、それまでの自分を反省し、内省しました。

正しくリサイクリに出したり、正しくゴミ出ししたり、正しく憲法や法律などに遵守し、「無垢な媒介者」として語り部・ホメロスの後継者たらんと精進してます。

自ら何か踏み誤りかけた時は、自分で自己を律し、リセットします。

今まで何度もリセットし、ようやくここまで這い上がって来ました。

それでも絶えず反証を繰り返しながら、オートポイエーシスの綱渡りをくぐり抜け、踏み外す事なく歩んで精進して参ります。

取り敢えず、3月11日に石巻に黙祷を捧げ、ご挨拶に伺うために、体調を整え、万全の体制で石巻へ伺えるよう精進します。

【デジタル庵室】キャリブレーション済みデータとの照合合格

2011〜2012年に使用していたシステム環境でキャリブレーションした基本データを基に照合し、問題なく使えている事が判明しました。

当時のシステム環境は、

  • Mac Pro(12コア、メモリ最大、スーパードライブx2、2TB~HDD全搭載)
  • EIZO ColorEdge CG243W-BK
  • 三菱 AdobeRGBモニター
  • i1Publish Pro 2
  • color monkey photo

2018年に

  • I/Oデータ AdobeRGBモニター
  • i1Display Pro KHG1035

でも確認しましたが、

キャリブレーターが変わっても、iMac(Mid,2011)のモニタ調整と環境光を注意しつつ、キャリブレーターで調整済みのシステムで色調整をしたデータを照合し、問題なく使える事が判明しました。

RAW現像データも、TIFFデータも、AdobeRGBデータも、CMYK変換後のデータも、SRGB変換データも問題ないです。

12コアと今の4コアではそれほど(私の使用範囲では)負荷のかかり具合が変わらない感じです。

まあ、今は、iPad Proで音楽聴いたりラジオ聴いたりしてるので、その分、負荷が掛かってないのですが。

とにかく、今の環境で、問題なくAdobe Photoshop CS6で調整できる事が判明し、満足です。

後は、スポッティングを始め、デジタル庵室のお仕事が山積みですヾ(´∀`*)ノ

スキャナーでスキャンして、スポッティングして、色調整して、プリント外注する為のデータ作成までするのに、時間がかかります。

腰と膝の痛みにより、デジタル庵室の継続時間が制限され、安静にして眠らないと痛みが酷くて大変です。

まあ、無理せず、焦らず、キチンとデジタル庵室作業を精進したいと思います。

D3、D300S、GR DIGITAL IVデータ、SONY DSC-RX100データのRAW、JPEGデータどれも無問題でした。

SONY DSC-RX100 到着

SONY特約店のコジマネットさんより、SONY DSC-RX100(コードネーム:百式)の機体が到着しました。

2ヶ月待っていたグリップとストラップを装着し、充電し、換装完了。

大まかな設定を施し、RAWで試し撮り。

RAWデータにするかJPEGにするか、設定を試行錯誤しつつ、完熟していきます。

風邪で熱があり、完熟テストは暫くかかりそうです。

RAWデータをPhotoshopCS6で未調整のままWeb用に変換してみました。