【No music, No life】新生赤い公園第二弾「Highway Cabrioret」

昨日より新生赤い公園第二弾「Highway Cabrioret」がユーチューブ限定公開されていました。

疾走感溢れる新生赤い公園にふさわしい楽曲です。

荒井由実さんの「中央フリーウェイ」へのアンサーソングのような感覚です。

ヴォーカルが変わった事で、赤い公園の楽曲も赤い公園自体もいい方向へ進化し続けていると感じます。

3月からツアーも始まるそうですが、東京はあっという間に完売。

完敗です。

シングルもアルバムも待ち遠しいです。

赤い公園「Highway Cabriolet」 Music Video 
作詞・作曲:津野米咲
監督&コレオグラファー:志村知晴


新体制として初となる楽曲「消えない」を公開してから約3か月、 新曲「Highway Cabriolet」Music VideoをYouTube限定公開!
Highwayを颯爽と走り抜けるオープンカーでPOPなランデブーを。


[赤い公園]
石野理子(Vocal)
津野米咲(Guitar / Chorus)
藤本ひかり(Bass)
歌川菜穂(Drum / Chorus)

【No music, No life】JUN SKY WALKER(S)「START」

お元気ですか?

貴女に最後に逢ってから、あっという間に二十数年が経ちました。

写真学校の1年目修了展観に来てくれて有難うございました。とても、嬉しかったです。

貴女と一緒に歩いた柏尾川沿いの桜並木をよく想い出します。

1度目は夜桜で、貴女の親友の飲み会に出くわし、一杯だけ飲んだのを覚えてます。

2度目は貴女が辞めたのを知ってから。

貴女と一緒に働いていていつも上手く話せなかったのですが、あの時だけ、沢山、私が考えている事を、これからやりたい事を、お話し出来ました。

貴女にだけ写真家になりたいという夢を言う事が出来ました。

貴女が背中を押してくれたお陰で、私は今も、写真家です。

あれから色々あり何もかも失っても、写真家の魂だけは、詩人の魂だけは、ホメロスの末裔としての自覚と決意は失いませんでした。

そしてこれからも。

貴女の、あの時の言葉を、これからも忘れずに、一歩ずつ、精進していく所存です。

貴女と一緒に見た江ノ島の面影や、湘南の潮風、みなとみらいの古い観覧車、鼠の国のひと時、舞台で一緒に歌ったあの歌は、今でも私の背中を押してくれてます。

JUN SKY WALKER(S)の「START」を最近iTunesで購入し、本気で聴き込んでいます。

貴女が「この歌が好きなの。いつまでも覚えていてね」と言っていたのを一生忘れません。

あの時、貴女が、言った、あの一言の意味を、何度も何度も、考えています。

そして、貴女の沈黙の意味も。

私は、自分の事で手一杯で、あの時、貴女の言葉の意味を、考える余裕がありませんでした。

あの時の私は、あの素晴らしい時間がいつまでも永遠に続くものだと信じて疑いもしませんでした。

何も知らない世間知らずの「勇気のないライオン」は、貴女に、皆んなに支えられ保護されていたのだと気付くのに、二十数年かかりました。

研究発表のOHP担当してくれてありがとう。

貴女と一緒に、いつまでも歌を歌えなかった事が悔やまれます。

弟のような存在を超えられなかった「勇気のないライオン」は、いつも心の穴として、痛みをそこに感じ続けています。

次に巡り逢った時は、貴女と、一緒に、歌を、歌いたい。です。

私を導き、見守り、送り出してくれた貴女と。

貴女と同じ夢を見る事が出来たなら。

私の魂はいつでも貴女の面影を求めて彷徨っています。

きっと、それが、写真家の動機の一つになっています。

お体ご自愛下さい。

第4回村上RADIO「アナログ・ナイト」

2ヶ月に一度の「村上RADIO」も第4回になりました。

村上春樹先生の所持するアナログ・レコードを丁寧に拭きながら、慎重に針を落としてかけている姿が想像出来ました。

◉第4回村上RADIO公式HP
https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

音楽と、音楽にまつわるちょっとしたエピソード、そして村上春樹先生の何気無い日常が垣間見えるお話が、とてもお気に入りです。

もちろん、今、ラジコのタイムフリーでもう一度聴きながらブログ書いてます。

そして、今回も番組の締めの一言が胸に突き刺さりました。

「人は心の穴を埋める為に音楽を聴き、小説を読む。或いは、音楽を奏で、小説を書く。」

その叫びの様なものが、共感を呼び、倍音を奏で、異化作用を及ぼしていく。

村上春樹先生のいつものお言葉ですが、いつ聞いても、どんな言葉から引用しても、心に響きます。

そして。私は、心の穴を埋める為に、写真を撮り、発表する。

心のその箇所に、かつてあった「何か」を、誰かに伝える為に。

ホメロスの末裔たる語り部として。

2月28日に村上春樹先生の長編小説「騎士団長殺し」が文庫化されるとのこと。

村上春樹先生の小説は読んで来ましたが、これだけはやんごとなき事情によって読めていません。

なので、早速、予約しました。

楽しみです。

第5回の村上RADIOは4月ですね。

楽しみに待ってます。

【No music, No life】YUKI「かたまり」「風来坊」

NHK-FM「津野米咲さんのKOIKIなポップロックパラダイス」を拝聴していて、YUKIさんの曲で津野米咲さんが作曲をされた曲が流されました。

とても素敵な曲で、YUKIさんのユニークな歌声に合っていて、耳に、心に残る名曲でした。

と言う事で、iTunesにて2曲とも購入しました。

◉YUKI「かたまり」

◉YUKI「風来坊」

YUKIさんは昔から大好きですが、ソロになってからさらに深みと広がりが感じられ、巨視的な俯瞰的視座から包み込む様に歌声が降り注いでくる様です。

津野米咲さんの作曲がそこに津野米咲さんの感受性が加わって、共鳴し合い、倍音を奏でています。

聴き込むほどに2曲とも歌の世界観が音霊とメロディーで重層化複層化され此処ではない何処かへ連れて行ってくれます。

良い曲をありがとうございます。

新生「赤い公園」がますます楽しみです。

【No music, No life】スガシカオ「ふるえる手」

先週(2月1日)のファンキーフライデーを拝聴していて、「ラブタイム」コーナーでスガシカオさんの「ふるえる手」が流れました。

とても心に残る名曲で、生の切実な痛みが、ダイレクトに心の奥底に伝わってきました。

「ラブタイム」コーナーの締めの時、小林克也さんが「スガシカオの『ふるえる手』いいでしょ。スガシカオよく聴いてる人でも知らない人がいるみたいだけど。」

とお話しされていました。

はい。私です。ヾ(´∀`*)ノ

スガシカオさん大好きで、やんごとなき事情によってCDを手放す前はスガシカオさんのCDたくさん持っていましたし、何度も何度も聴き込んでました。

しかし、この「ふるえる手」は初めて聴いたのです。

お恥ずかしい。

なので、その場でiTunesにてスガシカオさんの「ふるえる手」を購入して今日まで毎日聴き込んで来ました。

「ふるえる手」の父は、本当のスガシカオさんの父のことだと、可能性として考えながら、しみじみと聴き込んでいました。

ふと、今し方、この「ふるえる手」を聴きながら、検索したくなって検索してみると、スガシカオさんのBlogに当たりました。

一部引用。

◉スガシカオ オフィシャルブログ「コノユビトマレ」「ふるえる手」より
https://ameblo.jp/shikao-blog/entry-12125487817.html

【ふるえる手】

“いつもふるえていた アル中の父さんの手” という歌詞ではじまる、アルバムの1曲目『ふるえる手』。

アーティストになると言って会社を辞めた95年、親戚友達知り合い全員に反対されたが、その父のアル中の手だけがおれの背中を押してくれた。

『やれるだけやってみろ

    しくじったらやり直せばいい』

死ぬ前日まで酒を飲んでいた、すでに味の感覚もないくせに。

そんな父の言葉が、その何十年後にアストライドという形になって表れるとは夢にも思わなかった。

2月5日、今日は父の命日です。
やはりお父様の事を歌っていたのですな。
2月5日がお父様の命日ですか。
改めてご冥福をお祈りします。
 
スガシカオさんとは何かとシンクロするところがあります。
 
昨年の3月11、12日に福祉事務所の許可を得て石巻へ伺い慰霊とご挨拶に伺いましたが、その帰り、12日の夜石巻を彷徨いながら撮影していましたら、長い列が出来ていました。
何だろう?と思って近づきますと、スガシカオさんのアコースティックの全国ツアーでした。
震災の命日の翌日に石巻でコンサートされるとは。
そのさり気なさが嬉しかったです。(お金もなくバスば発車するので飛び入りで拝見できませんでした。無念)
 
95年に「決意」をしたのも同じですし、2011年にマイナーになって試行錯誤してたのも、重なります。
 
5歳違いですが、同じ時期に同じ様に迷い、試行錯誤し、やりたいことを信念を持って貫くその姿勢にとても共鳴します。
 
いつか、コンサートに伺える様精進します。

【No music, No life】鈴木重子and木住野佳子「マイ・フェヴァリット・シングス」

鈴木重子and木住野佳子「マイ・フェヴァリット・シングス」をiTunesにて購入。

鈴木重子さんのCDをやんごとなき事情により手離してしまっていたので、ようやく先ず一曲戻ってきました。

「マイ・フェヴァリット・シングス」は大好きな曲で、歌も、ジャズもどのアレンジも大好きです。

鈴木重子さんの歌声では初めて。

優しさに溢れた鈴木重子さんの歌声にとっても合ってました。

そもそも、ウォン・ウィンツァン先生に偶然導かれる様に二子玉のデパートの写真展でお目にかかりお話を伺ったのが最初で、清里フォトアートミュージアムでのチャリティーコンサートを鈴木重子さんとウォン・ウィンツァン先生のお二人で開催されるということで、福祉事務所に許可を得て、チャリティーコンサートに伺ったのが最初でした。

とても素敵なピアノと歌声が共鳴し、倍音を奏で、ここでは無いどこかへと魂を導いて下さいました。

ありがとうございました。

この時は、だいぶ腰の状態が良くなっていた時で、9月半ばから職業訓練に半年通うことになっていて、始まる直前だったので伺いました。

職業訓練はJAVAを習う訓練で、半年間。規約では、
「JAVAを習ったことの無い人、JAVAで仕事したことの無い人」
となっているのですが、実際に訓練を受けてる人の大部分が仕事でJAVAをしていたが、オブジェクト指向に躓いて辞めて訓練に来た人でした。

規約。

私は、愛知県立東山工業高等学校電子工学科と日立時代に、C、C+、COBOL、フォートラン、マシン語を嗜んでおりましたが、JAVAは日立を退職した95年に誕生した言語なので、規約通りの私でした。ヾ(´∀`*)ノ

週5日、毎日半年間、無遅刻無欠席で補習も参加し、教科書に参考書も大量に書い、習得に励みました。

卒業後3ヶ月全力で就職活動しましたが、「40代でプログラムのシステム開発経験が無い」為、何とか面接に辿り着いても、最終的に不合格になってしまいました。

ハードウェアのシステム開発の経験はありますが、ソフトウェアのシステム開発の経験が無い。

結局、3ヶ月経ってもJAVAで就職出来ない場合は、JAVAを諦めて、今までの就職経験で一番長い「写真家」で就職を目指すという事に。

これはハローワークと職業訓練校の規約にそう書いてあり、福祉事務所にもハローワークにも職業訓練校にも言われました。

そして、その3ヶ月に就職活動している時に、パソコンや参考書も持って日比谷図書館に通い、ネットを借りて応募したり、勉強したりしてましたが、腰と膝に負荷がかかり、さらに悪化してしまいました。

完全に治る前に見切り発車したツケが回ってしまいました。

昨年と同じですね。

なぜか、昨年4〜6月に仕事したくなり、いくつかバイトしましたが、中腰の姿勢や思い荷物を持つことが出来ず、腰と膝が悪化し、福祉事務所の担当者からも

「今度は完全に治ってからにしてください」

と言われ、完全に治る様精進しています。

冬や台風、雨の時期は腰と膝の痛みが激しくなり、いまもコルセットが手放せないし、筋肉注射も薬も湿布も必要な状態です。

もう、無理することなく、完全に治るまで、じっくりと治しながら、これまで一番経験の長い「写真家」として復帰できる様、精進したいと思います。

自分を励ます為にも、音楽も必要で、特にご縁のある人の音楽を少しずつ取り戻して行きます。

今後ともよろしくお願い致します。

【No music, No life】真砂秀郎先生&ウォン・ウィンツァン先生「Morning Song」

iTunesにて購入させて頂きました。以前購入させて頂いていたCDは二枚ともやんごとなき事情で手放してしまいました。申し訳ありません。

真砂秀郎先生&ウォン・ウィンツァン先生の「Morning Song」

とても澄み切ったハーモニーで癒されます。心が浄化されました。ありがとうございます。ヾ(´∀`*)ノ

 

「冥想のピアニスト」と「ネイティブフルート奏者」による魂の浄化。

真砂秀郎先生のプロフィールに

「自分の中に流れているスピリットに気付いて行くこと。同調してゆくこと。
そしてそれを表現してゆくこと」

と書かれてました。とても共鳴します。

「あらゆるものの中に、命の流れを感じること」

がモットーなのです。

ウォン・ウィンツァン先生とのご縁から、またも素敵な方と出会えました。幸せです。

【No music, No life】綾戸智絵「Natural Woman」

本日も体調が芳しくないため、安静に寝てましたら、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」にゲストとして綾戸智絵さんが出演されてました。

昔から大好きで、人柄も考え方も大きなスケールの人だなぁと思ってました。

17歳で単独渡米していたとは。あの時代、1ドル=360円の時代に。

色々と苦労され、人間として大きくなってジャズシンガーと成れたのも、生きているのも、因果応報、周りのお陰という悟りの境地に達されたのですな。

一言一言に重みがあります。

ご子息のお話に胸が痛みました。

ご子息が健やかに生命を全うできる様念願しております。

そんな訳で、iTunesにて1曲購入させて頂きました。

名曲「Natural Woman」。

昨年亡くなられたアレサ・フランクリンの名曲。

キャロル・キングさんのCDを以前持っていて、カヴァーを何度も聴いてました。

100人の聖歌隊と一緒にコンサートをされるそうで、アレサ・フランクリンの曲をやるそうです。

綾戸智絵さんの歌声に音霊、言霊が宿っていて、人生の全てが滲み出ています。

どんな境遇も関西人らしいノリとハードボイルドな精神で乗り越えていく綾戸智絵さん。

綾戸智絵さんの行く道に幸があります様念願しております。