月別アーカイブ: 2018年5月

細江英公先生の名著『ざっくばらんに話そう』を拝読して

細江英公先生の名著『ざっくばらんに話そう』を拝読させて頂いてますと、今まで、自分の見識の甘さや知識の幅の狭さを痛感致します。 じっくり味わいながら、咀嚼し血肉にしたいと思います。 細江英公先生の射程の長さや後進の為に道を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【改訂】ラジオ石巻さん、開局21周年おめでとうございます。

ラジオ石巻さんが本日をもって開局21年となりました。 おめでとうございます。   ◉ラジオ石巻HP:http://www.fm764.jp ラジオ石巻さんが石巻の皆様に愛され、ずっとあり続けられます様、お祈りし … 続きを読む

カテゴリー: ラジオ石巻 | コメントする

岩波書店『世界』6月号・中嶋哲彦著「学びの統制と人格の支配」

ふと何気に岩波書店『世界』が読みたくなり、手にとって頁を捲って見た所、とても刺激的な論文が目に留まりました。   ただ、ここで重要なことは、何を学び、何を考えるか、そして何のために学ぶのかを、誰がどのように選択 … 続きを読む

カテゴリー: WEB世界 | コメントする

大津幸一先生の名著『カタカナ語 目からうろこ』『カタカナ語 なるほど、そうか!』読了

大津幸一先生の名著『カタカナ語 目からうろこ』『カタカナ語 なるほど、そうか!』読了   大津幸一先生のカタカナ語シリーズ読了。大変勉強になりました。物の見方、捉え方に深みが増しました。ありがとうございました。 … 続きを読む

カテゴリー: カタカナ語なるほど、そうか!, ラジオ石巻, 大津幸一先生, 岩波書店, 河北新報出版センター | コメントする

クミコさんの名著『わが麗しき歌物語』(講談社刊)読了

クミコさんの名著『わが麗しき歌物語』(講談社刊)を読了しました。 何度も行きつ戻りつしながら、クミコさんの唄を聴きながら、原曲を聴きながら、いつも以上にアンダーラインをたくさん引き、呪文の様におまじないの様に唱えつつ、拝 … 続きを読む

カテゴリー: クミコさん, わが麗しき歌物語 | コメントする

細江英公先生の名著『なんでもやってみよう〜私の写真史〜』(窓社刊)読了

精読させて頂いてました、細江英公先生の名著『なんでもやってみよう〜私の写真史〜』(窓社刊)を読了しました。 2005年から1950年までの55年間の、細江英公先生の写真史でありますが、同時に、日本の、世界の写真史そのもの … 続きを読む

カテゴリー: なんでもやってみよう, 写真, 写真家, 窓社, 細江英公先生 | コメントする

大津幸一先生の名著『カタカナ語なるほど、そうか!』(河北新報出版センター刊)読了

大津幸一先生の名著『カタカナ語なるほど、そうか!』(河北新報出版センター刊)を読了しました。 日本語として定着した外来語。日常何気なく使っていて、深く考えずに使っている『カタカナ語』に疑問を持ち、どんな意味が隠されている … 続きを読む

カテゴリー: カタカナ語なるほど、そうか!, 大津幸一先生, 河北新報出版センター | コメントする

尾仲浩二先生写真集『背高あわだち草』(KAIDO BOOKS刊)

先程、尾仲先生より尾仲浩二先生写真集『背高あわだち草』(KAIDO BOOKS刊)が到着しました。 中国での個展などでご多忙のところ、お手数をおかけしまして誠に申し訳ありません。 大切に何度でも拝見させて頂きます。ありが … 続きを読む

カテゴリー: KAIDO BOOKS, 写真家, 尾仲浩二先生, 背高あわだち草 | コメントする

林原めぐみ『恐山ル・ヴォワール』を探索【追記】

林原めぐみさんの唄う『恐山ル・ヴォワール』が余りにも素晴らしすぎて、聴いてて涙が出てくるので、どんな原作や物語が隠れてるのか、どうしても知りたくなり、林原めぐみ『恐山ル・ヴォワール』を探索してみました。   「 … 続きを読む

カテゴリー: 恐山ル・ヴォワール, 林原めぐみ | コメントする

細江英公先生・澤本徳美共著『写真の見方〜とんぼの本~』(新潮社刊)

細江英公先生・澤本徳美共著『写真の見方〜とんぼの本~』(新潮社刊)を入手しました。 今併読させて頂いている、細江英公先生の名著『なんでもやってみよう』(窓社刊)の中で記述されていて、写真図版の美しさと内容の良さに惹かれ、 … 続きを読む

カテゴリー: お能の見方, とんぼの本, なんでもやってみよう, 写真, 写真の見方, 白洲正子先生, 細江英公先生, 読書 | コメントする