【追悼】河瀬直美監督『あん』と樹木希林さん

樹木希林さんご逝去を悼み追悼させて頂く為、auビデオパスにて河瀬直美監督『あん』を鑑賞しました。

◉河瀬直美監督『あん』公式HP:http://an-movie.com

原作を元にしたNHKラジオドラマを以前に拝聴させて頂いていた為、より深くまで作品の中に入り込めました。

永瀬正敏さんは身をやつして生きるアウトローな役柄がハマり役だと改めて思いました。

樹木希林さんの演技は迫真であり、切実さを内包していました。

原作を河瀬直美監督が現代を生きる我々自身の問題として問いかけて下さり、色々と考えさせられました。

河瀬直美監督の世界観が慈愛の精神を纏って包み込んでくれる感覚で、生きることの意味を考えさせられます。

「あらゆるものの中に命の流れを感じること」

社会との関わりを強制的に絶たれた樹木希林さんと、喧嘩の仲裁に入ったのに巻き込まれて道を踏み外した永瀬正敏さん。

ここではない何処かへと行きたいけど籠の中の鳥。

何かを背負うという事の重みと、社会の闇に吸い込まれて道を踏み外しても、それでも生きる意味を見出していくその姿勢。

社会システムからこぼれ落ちた、あるいは自ら進んで野に下った人々の孤独にとても共感します。

死ぬまで生き切る事の大切さと、信念を貫き、命の流れをあらゆるものから感じ取り、掬い上げていく事の大切さを改めて実感しました。

名作です。

改めて樹木希林さんに哀悼の意を表します。

安らかにお休み下さい。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA